腰痛の方必見!負担が激減するリュックの選び方と背負い方


夫「ただいまー、イタタ、、腰が。」

妻「おかえりなさーい、あなた腰だいじょうぶ?カバンもらうわ」

夫「まあいつものことや、すまん今日資料多いから一段と重いで」

妻「はいはい、、重たっ!!ダンベルでも入ってんの?ってくらい重いねんけど!」

夫「だから言ったやん、そこらへん置いといてくれ〜すまんな」

妻「あなたずーっと腰痛いのって、カバンが原因ちゃうの?
こんな重たいの、会社の往復で1時間近くも肩にかけたり手持ちしてたらやばない?」

夫「やっぱそう思う?俺も実はそう思っててさ。。
こんな重いカバン手とか肩で持ってたら、
肩が下がったり歪みまくってるんちゃうかなって。」

妻「だってあなた右肩めっちゃ下がってんもんな。
歪んでたら腰痛くなるって聞いたことあんで。
せめてカバン変えたら?リュックの方がいいんちゃうん?

夫「俺もそう思っててん。最近電車でもスーツにリュックの人多いんよ。
あの方が絶対歪みにくいし、両手空くし、腰に負担かかりにくいんちゃうかな?」

妻「良く見るよね、電車内では前に抱えてくださいって注意書きされてるくらいやし、
黒色とかやったらスーツでも合うもんね。よし、ほな明日梅田で買いに行こうよ。」

夫「そうやな〜、いこか。でもさ、リュックって多すぎてなに基準に選べばいいんかいな?
帰りの電車で、ZOZOのリュック検索したけど多すぎてわからんねんけど。」

妻「確かに、メチャメチャリュック多いよね。腰痛の人にはどれがいいんやろ?

夫「わからん、、、、。とりあえずメシ食ったらネットで調べるわ」

、、、

、、、。

はい!ここで、この記事にたどり着いたはずです。

この会話での悩みをまとめると、、。。

  • あなたは慢性腰痛で長年困っている会社員の方
  • 毎日カバンがなぜかべらぼうに重い。(PC,タブレット,資料…etc)
  • 手持ち、肩がけのカバンで出勤している
  • カラダの歪みを自覚し、腰痛に繋がっているのは明らか
  • 出勤時のカバンをリュックにすると決意
  • でも、腰痛に最適なリュックの選び方がわからない

こんな感じですよね?

夫「そうそう。そうなんですよ!
で、やっぱり私の場合は、
リュックに変えたほうが腰痛マシになりますよね?」

川上「では結論からいきましょう。

リュックにした方が腰痛マシになります。

が!
選び方と使い方を間違えれば逆効果にもなります

夫「え?リュックが逆効果になることもあるんですか?!」

川上「はい、まずはあなたにあったリュックの選び方、背負い方、位置、高さ、荷物を入れる場所、、。
色々ありますが、ポイントを押さえて置いてもらえればだいじょうぶですよ」

夫「そうなんですね、明日梅田行く前に、
ぜひ知識を入れて置きたいです。失敗したくないので。。」

川上「そうですよね、じゃあ早速本題にいきましょう。
まずは、現状のカバン把握から!」

まず、買い物の前に大前提としてやっておくことをお伝えしていきます。

腰痛対策のリュックの選び方

まずカバンに入れる持ち物の量を把握する

川上「まずは、現在パンパンのそのカバンを全部出してください。」

夫「え、全部?わかりました。」

ガサゴソガサゴソ…….

川上「全部出ましたね、どうですか?」

夫「こんなもの入ってたんや、全然使ってない資料がある…」

川上「そうでしょう。重いカバンの方あるあるですが、
全部出すとちょこまかした要らんものが入ってたりして、
それが積み重なって重くなっていることがあります。」

妻「汚なっ!あなたほんま整理できひん人やな〜
この本いつ見てんの?そらカバン重たなるわ!」

夫「……や、やかましいわ!」

point 1.

「絶対必要なものと、そうでないものを把握して、荷物量を整理する」

 

川上「じゃあ、使うものと全体量は把握できましたか?」

夫「15インチのPC,アイパッド,マニュアル資料,
ノート,筆記具 あとは嫁さんの弁当と水くらいです」

川上「了解です。パソコンやアイパッドや資料は、
いつも持ち歩くんですよね?」

夫「そうです、会社支給のもので、
お客さんの所に行く時に持って行くこともあるんですよ。」

川上「わかりました、カバンの中で、
15インチPCとタブレットなどの電子機器を、
収納できるスペースがあるリュックにしましょう」

夫「専用のスペースってあった方がいいんですか?」

川上「はい。電子機器を守るためと思うでしょうが、
それだけではありません。
15インチのPCだと平均1〜2㎏はあります。

リュック内に入れるものでは最大の重量になってくるでしょう。

リュックを使い慣れていない方はわからないと思いますが、
専用のスペースは背負った際にあなたの背中側にきます。

それがとっても大事なんですよ。

重たいものは、背中側に集めた方が腰の負担が減ります。

それも圧倒的に。

資料も、リュック内の背中側のスペースにまとめれるとより良いですね。」

 

 

夫「それは知らなかったです。
じゃあ対応するPCサイズとリュック内に収納スペースが隔てられてある物を選ぶようにします。」

point 2.

「持ち歩くPCのサイズを専用収納スペースのあるサイズのリュックを選ぶ」

 

妻「じゃあ持ち歩くものがちゃんと入る容量のリュックで、15インチPCが入る専用スペース、資料とかも背中側にまとめれるとより良いってことね。あと、夫の腰痛対策として何か選ぶポイントってあるんですか?」

川上「まだまだありますよ〜。
次は素材とパッドですね。
素材は防水か非防水か、そこはお任せします。

それよりも大事なのはパッドですね!」

夫「パッド?リュックによって違うんですか?」

川上「そうですね、正直5千円〜1万円以下リュックにはほぼ付いていません。
パッドが必要な位置はリュックの背面と肩がけの二つです。」

※クッションパッドが無いリュック↓↓
指を指している所にパッドが欲しいですね。
これは僕の私物のkarrimor ¥7,000ほど

PC専用スペース無し。

 

クッションパッド有
リュック背面(バックパネル)と両サイドの肩当たるところ(ショルダーハーネス)
ここに滑りにくく、蒸れにくいクッションメッシュパッドがあるのを選んでください。

 

川上「この2つのリュックを見比べてもらうと違いがわかると思います。
ご主人の場合は、総重量がおそらく4㎏前後になるはずなので、背中と肩にピタッとフィットしてくれるこれらのパッドが付いているものを必ず選んでください。

そうすれば、腰の負担は圧倒的に減ります。

値段が安いからこっちでいいか〜なんてノリで買うと、間違いなく後悔しますね。

point 3.

「背面と肩の部分にクッションパッドのあるリュックは絶対条件」

夫「わかりました!安いのにも理由があるんですね。
毎日使うこと考えたらええヤツ買った方がいいですね、聞いてなかったら安い方選んでましたわ〜

妻「ほんま、ちゃんとしたええヤツ買って長いこと使って、カラダの負担も減って過ごせてやったら結局安上がりですよね。」

夫「ほんまや、それやったらルイヴィトンとかコーチとかハイブランドのカバンのが良いんですか?何かオススメのブランドとか有ります?」

川上「いや、ハイブランドにはそんなリュックはありませんよ。だから、腰痛対策としてのリュックは個人的にはアウトドアブランドのモノをオススメしたいですね」

妻「アウトドアブランド?あっ、ノースフェイスとかですか?」

川上「そうですね、ノースフェイスやコロンビア、モンベル、パタゴニア、、、など沢山ありますので、もし好きなブランドがあれば行ってみてください。多種多様のリュックを展開していますから。」

妻「へー、登山モノのリュックばかりか、タウンユースのオシャレリュックはイメージありますけど、夫の仕事に使えそうなビジネスリュック的なものもあるんですか?」

川上「そーなんですよ、実は高機能でタフ。尚且つ割安でビジネスリュックをブランドによっては展開しています。特に、ノースフェイスとモンベル、ミステリーランチはシンプルでビジネスリュックを沢山のサイズから選べます。」

夫「まじですか、先生はどれが良いとかあります?特にブランドにこだわりはないんですけど」

川上「僕はモンベルをオススメしますね!それにはちゃんと理由があります。

  • 国産ブランドで品質が高い。
  • かなりシンプルでスーツにも合わせやすい
  • 他のブランドに比べて、品質が高いのにとにかく安い

梅田にも、天王寺にもありますし、アウトドアに精通した店員さんの知識がとにかくすごいので、聞きたいことがあっても良いアドバイスをしてくれると思いますよ。

ご主人の腰痛対策に最適なリュックで、自信持ってオススメするのはコレですね。

↓↓↓

 

 

8,900円?!

今サイトから拾ってきても驚きました。

安すぎる・腰に優しい・カッコイイ

完璧やん。

ビジネスリュック界の大谷クンやん。

NBAで言うたらカリー、レブロン、ハーデンやん。

おっと、すみません、脱線しました。

18,900円でも僕なら買いますね。

それ位の価値は余裕であります。

モンベル凄すぎる。。

誤解のないように言っておきますが、家族、友人がモンベル従業員ではありませんので..。

ご主人が特にこだわりなければ、現状の悩み解決には最適な選択となると思います。」

妻「あなたこれにしなさいよ!私も欲しいわ〜でも大きいかな?」

川上「女性向けのリュックも、このサイズより小さめのものもありますよ、ぜひ明日梅田のショップで背負って見てください。

それと、よかったら今後使うであろう荷物を持って行ったら良いですよ。
実際に欲しいリュックに荷物がちゃんと入るか、スタッフに許可とって入れてみてください。
あとで買ったはイイけど、入らん。。交換とかになっては二度手間ですからね。」

夫「わかりました!荷物持ってモンベル行ってきます。」

 

 

数日後……

夫「買ってきましたよ!実物も良かったです!
じゃあ、早速荷物を入れていってきます。
PCとか資料とか重いものは背中側のスペースにまとめるんでしたよね。
よし、じゃいってきます!」

川上「ちょっと待ってください!
そのまま行ったら、腰余計に痛くなりますよ。

夫「え、なんでですか?荷物は背中側に重いの入れましたよ」

川上「リュックの位置が下に下がりすぎです。
ショップで調整してもらってはないですか?」

夫「はい、気に入ったので、即買いしましたので。。」

川上「そうでしたか、ショルダーの長さって変えれるようになっているでしょう?
それを調整して、リュックの背面がピタッとご主人の背中にフィットするようにしましょう

※リュックが下がりすぎていると、、、

背骨が重みで反られる→反られないように背骨と腰の筋肉が頑張る(無意識で)→腰に負担がかかったまま出勤1時間→負担が蓄積される→結局、リュックにしたものの痛みがでる

こうなってしまいます。

 

そうならないためにも、ちゃんと背中にフィットするように肩のベルトを調整しましょう!

こんな感じです。

調整するだけで、こんなにも違うのかってくらい、腰の負担が減ります。

ほんまに?!と疑ってしまうなら、両方のパターンで出勤して見てください。

僕が言っていることを体感するはずです。

 

point 4.

「リュックの位置は調整必須!背中にフィットする位置へ」

 

夫「ホンマですね、全然腰の負担が違います。。
位置を調整せんと行ってたら、余計痛くなってたでしょうね。。」

妻「ホンマに手のかかる人やで!はよ会社行きや遅刻すんで!」

夫「やかましいわ!ほな行ってくるわ!」

……….end.

 

おわりに

はい、いかがでしたか?これでご主人の慢性腰痛に最適なリュック選びは無事終了しました。

めでたし、めでたしですね。

とりあえずまとめておくと、、、

  • 手提げ、肩がけかばんよりリュックの方が慢性腰痛には良い
  • まず、カバンの中身を全部出してホンマに使うものだけに絞って重量ダウンする
  • 自分の使うPCサイズ、書類が収納できるリュックを選ぶ
  • 安い・高品質・スーツもいける。僕のオススメはモンベル
  • 買った後は、カバンの位置を背中にフィットするように調整する

以上です!

この手順、ポイントを押さえておくだけで、腰痛リスクを減らすためのリュックを選ぶ基準になります。

この記事が、5年後、10年後。
腰痛を気にせず生活しているあなたが、
「あの日からリュックに変えて、ホンマに良かったわー」

そう思ってもらえることを想像しながらこの記事を書きました。

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

川上健史郎

著者:
 川上 健史郎
所持資格:

中学時代にヘルニアを克服し競技復帰したことをきっかけに治療家を志す。柔道整復師・コアコンディショニングトレーナー・自律神経整体・介護予防訓練士の資格を取得し、某Jリーグのユースや整形外科での治療、学生競技のトレーナー、高齢者に向けた体操教室の講師活動をしながら日々治療にあたり、今に至る。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


大阪市・Rinato鍼灸整骨院の腰痛改善の流れ

ひとりで悩んでいませんか?

・マッサージやストレッチを一生懸命頑張っているが一向によくならない
・腰に負担がかかる動作をすると、突然激痛に襲われるようになった
・リラクゼーションやストレッチ専門のようなところに行ったけど改善しなかった

Rinato鍼灸整骨院では、まずあなたにお身体の状態を知っていただいた上で、根本的な原因を改善する方法をご提案し、再発しないよう生活習慣・セルフケアの指導をいたします。

当院は病院のお医者様や看護師さんといった医療関係者の方や、整体院や整骨院の先生もお身体のメンテナンスのために頻繁に来院される「プロも認める整骨院」です。

腰痛改善の流れを見る