胸郭出口症候群で肩首がだるく、手の痺れや痛みがある方の治し方


最近肩こりに加えて、背中や腕がズーンと重くてだるい。さらに、痺れや痛み、冷感を感じることもある。

でも、思い当たることは考えても考えてもでてこない。「首肩こりがひどくなりすぎたから?重いものを持ったわけでもないし…」と、原因が思い当たらないのに首肩こりだけでなく背中や腕にも症状があると不安になりますよね。

まぁそのうち治るだろうと、とりあえず安静にしてシップを貼ったり、温めたり、マッサージしてみたり、市販の薬を飲んだりしても中々症状がとれない…そうなるといい加減、根本的な原因はなんだろう?と知りたくなると思います。

この記事では今から、「肩こり、背中や腕がだるくなる、痛みや痺れ、冷感などを感じる原因の代表例の一つ胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」と「その対処方法について」この2つを紹介します。胸郭出口症候群はよくある病気なので、一日も早く原因を理解して対処し、改善するための参考にしてください。

胸郭出口症候群とは

IMG_1593

胸郭出口症候群は、文字の通り「胸郭(胸をとりまく骨格)の出口で障害が起こる」病気です。

肋骨、鎖骨、胸骨などで構成されているのが胸郭ですが、写真は右側の胸郭を見たものになるんですね。

番号で1、2、3と印を入れましたがこの3つの場所で障害(圧迫)が起こると症状が現れます。

  1. は前斜角筋と後斜角筋の間を黄色い神経の束(腕神経叢)と鎖骨下動脈が腕に伸びて行くのですが、この前・後斜角筋の間で圧迫されます。
  2. は鎖骨と第一肋骨の間を、黄色い神経の束と鎖骨下動脈、静脈が通りますがここを圧迫されます。
  3. は小胸筋と肋骨の間を、黄色い神経の束と鎖骨下動脈、静脈が通りますがここを圧迫されます。

この場所を圧迫されることにより、肩こりや背中や腕のだるさ、しびれ、痛みや冷感などの症状がでることを胸郭出口症候群といいます。なんとなくイメージできましたでしょうか?次に主な症状となりやすい人を紹介します。

どんな症状がでるの?

主な症状は腕の痛みや肩こり

  • 肩こり、首こり感
  • 背中から腕にかけての重だるさ、痛み、しびれ
  • 腕が白くなったり、青く見えたりする、冷感を感じる
  • 手の力が入りにくい

などなど、様々です。程度にもより変わりますが程度が強いとしびれや手の力が入りにくい、腕が青白いといった症状が現れます。

どんな人がなりやすいの?

なで肩の女性に多い

  • なで肩の女性
  • デスクワークの方
  • 腕を上げたまま作業する方
  • 重量物を持つ仕事の方
  • かなり重いリュックを背負う方、登山をする方
  • 枕やマットなど寝具があっていない方

などなど、こちらも様々ですね。全て、先ほどお伝えした1~3の部分で圧迫をうけやすい環境になることがわかるかと思いますが、どうでしょうか?一度圧迫をうけているかどうか思い返してみると良いでしょう。

それでは、次にと病院での診断、治療について紹介します。

まずは整形外科で診断をうけましょう

整形外科では、現在の状態を把握するために問診、検査をおこない「胸郭出口症候群なのかどうか」を診断します。

この疾患特有のテスト(アドソン、ライト、エデン)を行うと、診断がだいたいつきます。

  • アドソンテスト…症状のある方が右なら顔を右に向けて、そのまま上を向く。そのまま深呼吸をして手首の脈が弱くなると1の場所に陽性。
  • ライトテスト…腕を肩の高さまで真横に上げて、そのままバンザイの体勢をとります。このまま手首の脈が弱くなると3の場所に陽性。
  • エデンテスト…胸を張る姿勢をとります。そのまま症状のある腕を後下方(後ろ斜め下方向)に伸ばすと、手首の脈が弱くなると2の場所に陽性。

が考えられます。

治療としては、投薬やリハビリ治療(電気治療、運動療法、マッサージなど)で様子をみていくことになります。

※ごくまれにレントゲンをとると「頚肋」といって、頚椎にできる異常な骨の影響で症状がでている場合がありますが、その場合は手術をすすめられることもあります。

自分でできる対処法

日常生活の改善

自分で対処できる方法は、もちろんあります。デスクワークの場合は背中が丸まらないように、モニターの高さをできるだけあげて目線をおこし、キーボードをなるべく手前にもってくることで肩を巻き込まないようにするだけでも効果があります。毎日のことですからね、日々の負担を減らしましょう。

さらに、仕事中の椅子の位置調整も大事です。高さは足の裏がきちんと地面について、座面と膝の高さが水平に来るように調整しましょう。背中には少し硬めのクッションを挟むと姿勢のバランスが良いまま仕事が行えます。

通勤で使うカバンも注意が必要です。例えば、重いリュックを背負って胸郭出口を圧迫するなら、手持ち鞄を変えたり、荷物を減らすなどの対策が必要でしょう。

また、ストレッチやストレッチポールといったことも有効です。首肩だけでなく、鎖骨周辺を伸ばす、姿勢を改善するようなことを行うと良いでしょう。

胸郭出口症候群のオススメストレッチ動画

斜角筋を狙うのがポイント!

胸郭出口症候群でのストレッチで、狙うポイントは斜角筋(しゃかくきん)です。

斜角筋には前・中・後部と3つの筋肉があり、3つの中で注目したいのは前部と中部になります。
上部でも少し解説しましたがその2つの間を神経の束が通っていて、ここが窮屈になると神経を圧迫し腕などにしびれを引き起こすことに繋がるんですね。またデスクワークで姿勢が悪く、猫背体勢で肩呼吸をする人は斜角筋をより使い、疲労しすぎることがあるんです。

そのため、斜角筋をケアしておいて神経の束を窮屈にしないことを目的に、下部の動画ストレッチをオススメします。

※音が出ますので注意してください。

英語ですが、やり方は結構シンプルです。

①椅子に座り、右手で椅子の座面を持って身体を安定させる。

②姿勢は正したまま、左斜め下前方向に頭を倒してストレッチをかける。

③次に頭を左真横に倒してストレッチをかける。

④次に頭を左斜め上後方向に倒してストレッチをかける。

これを左右同様に、各30秒~1分ストレッチしましょう。

ポイントとして、呼吸を止めないことと、強く伸ばさずに少し伸びてると感じるところでキープすることです。

これを1~2時間おきにおこなうと良いでしょう。肩こりを感じる方にも効果的ですよ。

 

 

それでも改善しない場合は、整体という選択肢もあります。

胸郭出口症候群は整体でも対応できる

当院でも「胸郭出口症候群」に対応しております。病院で診断を受けて、処置してきたが中々改善しなくて困っている。他に手立てがないかと、来られる方がほとんどです。

お話を聞き、検査をした上で治療計画を立てて行きますが、実は原因は胸郭出口の部分の圧迫だけという方はほとんどいないんですね。ほとんどの方にみられるのが、

「血液循環の低下、内臓疲労により姿勢が崩れていて圧迫されやすい姿勢になっている」

この状況になられています。そのため、頑張って薬を飲んだり、圧迫部をストレッチしてもまた圧迫されやすい姿勢にもどっちゃうんですね。当院ではそうならない身体に変えていくために、胸郭出口の部分だけでなく身体全体を捉えて調整していくことで、今後不安なく生活できるようにしていきますのでご安心ください。

おわりに

「首肩こり、背中や腕がだるくなる、痛みや痺れ、冷感などの原因の代表例の一つ胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」と「その対処方法について」を紹介してきましたが、いかがでしたか?

肩こり、背中や腕がだるいのは、ただの肩こりではなく「胸郭出口症候群」かも知れません。

この記事を通して、あなたの悩みが解決する手立てになれば嬉しく思います。

 

 

著者:
 川上 健史郎
所持資格:

中学時代にヘルニアを克服し競技復帰したことをきっかけに治療家を志す。柔道整復師・コアコンディショニングトレーナー・自律神経整体・介護予防訓練士の資格を取得し、某Jリーグのユースや整形外科での治療、学生競技のトレーナー、高齢者に向けた体操教室の講師活動をしながら日々治療にあたり、今に至る。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


本気で痛みを改善するための3つのステップ!

病院でリハビリをしているけど、なかなか楽にならない。近くの整骨院に通っているけど改善しない。

それはなぜか?
本当に改善するために必要な3つのステップを知らせてないからです。
もしあなたが、本気で今の痛みから解放されてたいとおもうなら、本物の治療家がすすめる3つのステップをおこなってください。

3つのステップを知る