坐骨神経痛が運動で悪化する3つの場合


運動で坐骨神経痛が悪化する。

 

右のお尻から太ももにかけての強い痺れが運動すると必ず現れる。

 

運動前後のストレッチでは足りないのか?

 

鍛えればいつか治るんだろうか?

 

そんな疑問をお持ちではありませんか?

 

こちらでは坐骨神経痛が運動して悪化する3つのメカニズムと治すために必要なことを書いていきます。

 

坐骨神経痛が運動で悪化するメカニズム

坐骨神経痛の原因は神経が筋肉で圧迫されている事ですね。

 

しかし多くの場合は原因を特定できません。

 

何故かというと筋肉に異常がある訳ではありませんから。

 

ただし姿勢の歪みや筋肉アンバランスがあると神経痛が起きます。

 

特に運動して悪化する人は以下の3タイプです。

 

  1. 外側の筋肉が強すぎて内側の筋肉を圧迫している
  2. 前後左右のバランスが悪く特定の筋肉に負担がかかる
  3. リンパや血液などの循環が悪く筋肉が緩まない

 

以上の場合だと整形外科の検査では異常が発見されません。

 

このような状態で運動すれば特定の筋肉の緊張が強くなり神経を圧迫するので坐骨神経痛が悪化するのは当然ですね。

 

次は、このような状態を改善するために必要なことを書いていきます。

 

改善のために必要な事

まず①外側の筋肉が強すぎるという場合だと筋トレのし過ぎという事になります。

 

本来、人間の身体はバランスをとるように出来ているので普通の生活をしていれば大きく崩れることはありません。

 

崩れている人の多くは機械での筋トレを好まれますね。

 

昔ながらのベンチプレスなら不安定な分だけ内側の筋肉(インナーマッスル)も鍛えられますから。

 

また腹筋や背筋、スクワットなどの重りをつけない運動ではあまり悪化しません。

 

こういった重りなしの運動で悪化する人は②か③である事が多いですね。

 

そして前後左右のアンバランスがある人の多くは内臓疲労が考えられます。

 

よく姿勢が悪いから身体の不調が出ると言われますが逆ですね。

 

身体の不調をかばうために姿勢は歪みリンパや血液などの身体の循環が低下し筋肉の緊張がとれなくなった結果として坐骨神経痛をはじめとした身体の痛みが出てくるのです。

 

そのため①の人は機械での筋トレを止めるかインナーマッスルも鍛えましょう。②か③に該当する人のために必要なことを次に書いていきます。

 

内臓疲労を改善するには

坐骨神経痛の原因は主に骨盤周りに存在します。

 

そのため内臓疲労といっても全てではなく骨盤周りの筋肉に大きく影響を与える小腸と大腸の疲労を改善しましょう。

 

小腸と大腸の疲労と言われて心当たりがあるかもしれませんね。

 

分かりやすいのは下痢や便秘、腹痛などや検査でポリープが見つかったなどがあります。

 

生まれつき弱い人もいますが現代人の多くは食生活で疲労しています。

 

問題となるのが加工食品やインスタント、スナック菓子などの食品添加物が多い食べ物ですね。

 

トランス脂肪酸は身体に良くないと聞いたことがありませんか?

 

食品添加物のなかにはトランス脂肪酸のように自然界にはほとんど存在しないものや時間がたって酸化した脂質などが大量に含まれます。

 

本来、身体には入らないものが大量に入ってくれば腸が疲労するのは当然と言えますね。

 

まずはそういった食品の摂取を減らすことが重要です。次は疲労回復に効果的な食べ物を書いていきます。

 

腸の疲労回復を促すもの

腸内環境を整えるものが良いですね。

 

実は不健康な食事を好む人は腸内細菌に偏りがあり腸内環境が悪いことが多いのです。

 

自分が好きで食べていると思っている物の多くは腸内細菌の好みと言われます。

 

そのため腸内環境を整えれば好みが変わるという事も大変多いですね。

 

腸に良いものと言えばヨーグルトを連想する人が多いと思いますが全ての腸内細菌には該当しません。

 

大切なのはバランスのとれた食事で旬の物や地産地消です。

 

中でも”まごわやさしい”に入る豆、ごま、わかめ(海藻)、野菜、魚、しいたけ(きのこ類)、いも類は理想的なバランスですね。

 

腸内環境を乱すものとして注意して欲しいのはやはり偏食と肉食です。

 

肉には大量の脂質が含まれるので男性に多い下痢の原因は肉食による過剰な資質が原因の事が多いですね。

 

そして水分を多く摂りましょう。小腸での栄養の吸収には水分を必要とするため栄養だけ摂っても水分不足では吸収されません。最後は筋肉の緊張をとるために効果的な体操を書いておきます。

 

骨盤周りの体操

坐骨神経痛が運動で悪化する人は骨盤周りの動きが悪いのが特徴です。

 

特に股関節が本来の動きを失っていますね。

 

四股踏みの体勢はとれますか?

 

これはお相撲さんのポーズだと思っている人が多いですが骨盤周りの動きを良くして健康な身体を作るには欠かせない体操です。

 

日本では古来より武士のたしなみとして相撲をとる習慣がありました。

 

相撲で強くなるためには股関節の柔軟性と強さが必須で、ここが強い人は健康だからです。

 

坐骨神経痛に限らず膝や足首を痛めやすい人は四股のポーズが苦手です。

 

野球のイチローも重要視している体操ですね。

 

やり方は足を肩幅より広く開いて膝が90度に曲がるまで腰を落とします。その状態から腰を上下に揺らしましょう。30回ほど行います。固い人は太ももの内側が強く引っ張る感じがしますね。

 

次に下半身は同じ姿勢で上半身をに捻じり肩を身体の中央に持ってきましょう。その柔らかい人は背中が正面から見えますね。こちらも左右とも30回ずつ行います。

 

補足

 

坐骨神経痛の時に運動で悪化するとは限りません。

 

また安静にし過ぎるのも回復を妨げます。

 

大切なのは痛まない範囲で動く事と痛めるような運動は控える事ですね。

 

四股踏みでも痛みが悪化する人は無理にしないで下さいね。

 

栄養が足りないからといってサプリなどに頼るよりも日々の食生活の改善に取り組みましょう。

 

まとめ

坐骨神経痛が運動で悪化する人は筋肉のアンバランスや姿勢の歪みが原因です。

 

偏った筋トレは機械を使った過剰な筋トレは止めましょう。

 

姿勢が歪んでいる人の多くは内臓疲労を起こしている人が多いですね。

 

特に骨盤周りの動きが悪い人は腸内環境を整える食事をするとともに四股踏みの体操をして下さい。

著者:
カラダゼミ 教授 石水 孝幸
所持資格:
柔道整復師・整体師

全国400人のプロの治療家を指導する治療家。その治療技術を学ぶために全国の治療院の院長が集まります。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


大阪市・Rinato鍼灸整骨院の坐骨神経痛改善の流れ

ひとりで悩んでいませんか?

・ブロック注射をうってもらって症状は落ち着いたが、このままでいいのか不安
・病院では良くなる感じはしないけど、整体に行って本当に良くなるか 不安を感じてしまう。
・椎間板ヘルニアがあるからと言われて、様子を見ているけどなかなか症状が良くならない
・もうこのまま症状が続くのは辛い、とにかくどうにかしたい!!

Rinato鍼灸整骨院では、まずあなたにお身体の状態を知っていただいた上で、根本的な原因を改善する方法をご提案し、再発しないよう生活習慣・セルフケアの指導をいたします。

当院は病院のお医者様や看護師さんといった医療関係者の方や、整体院や整骨院の先生もお身体のメンテナンスのために頻繁に来院される「プロも認める整骨院」です。

坐骨神経痛改善の流れを見る