原因不明の不妊症。もしかしたら整体で治るかも。


著者:
あなたと未来を作る整体師 荒家 甲次
所持資格:
柔道整復師

中学、高校とサッカーに明け暮れ、怪我がキッカケでトレーナーの世界へ ボランティアでアメリカンフットボールのトレーナー活動をしながら「もっと選手の役に立ちたい」と 柔道整復師の専門学校へ 国家資格取得後心斎橋の整骨院で勤務 その後本町のほのか整骨院に勤務 2013年に院長になり、今に至る

胎動を感じる妊婦

中々子供ができない、、、不妊治療もいくつか試したけど、もう2年も子供ができない。もう子供は無理かもしれない、、、

ちょっと待ってください!まだ諦めるのは早いですよ。もしかしたらそれって整体で治るかもしれませんよ!

このブログでは、原因不明の不妊症がなぜ整体で治るのか、そもそも原因がわからない不妊症の原因はなんなのかを載せています。このブログが「あなた」の希望になれば幸いです。

不妊ってどんな状態?

不妊の定義は「結婚した夫婦が赤ちゃんが欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにも関わらず1年以上赤ちゃんを授かることができない状態」とされています。

この場合、男性に原因があるのか、女性に原因があるのかまたは両方か。病院で検査を受ければ夫婦のどちらかもしくは両方になにかしらの原因が特定されその治療を行っていく流れになります。

が病院で検査をしても原因がわからないとこもあります。そもそも不妊症自体わかっていないことが多く病名がついていない(まだ病気ではなく病気の1歩手前)状態のものは診断が出ないこともあります。原因がわからないと治療もしようがないですよね。

不妊になっている原因は必ずあります。ただ病院で検査をしても出ないだけなのです。

水を飲む赤ちゃん

不妊症の正体は体調不良?

ただの体調不良は検査してもなにもでませんよね。不妊症もただの体調不良だとは言いませんが、この体調不良の延長線上にあります。どういうことかというと、

  • なんらかの原因で子宮の状態が良くない
  • ホルモンバランスが崩れて子宮内膜が育たない
  • タイミングが合っていない

大きく分けるとこの3つになります。

もちろん「卵管が詰まっている」「子宮の中にポリープがある」といった目に見える情報も必要ですが、目に見えない情報が不妊症の原因になっているかもしれませんね。

お腹が痛い

整体で不妊症を治す?

不妊症を治療するとき大体は病院に行くでしょう。それはすごくあたりまえのことで、整体で不妊症を治せることがあるということを知らないからしょうがないですよね。

では、整体で不妊症の施術はできるのか?答えは可能です。どうやって整体で不妊症を治療していくのかの前に妊娠しにくい状態というのを細かく見ていきましょう。

子宮の状態が良くない

便秘などによって腸が子宮を窮屈にしている

免疫力が低く子宮の温度が上げられない(硬くなっている・温度が低い・生理がうまくいかず子宮内に不純物が残る)

子宮は臓器の中でも1番下にあるので、他の臓器が重くなると窮屈になります。

ホルモンバランスが崩れている

  • 便秘などによって卵巣窮屈
  • 冷えによって卵巣の血流が悪い
  • 頭蓋骨が硬く脳の血流が悪い(偏頭痛)
  • 生理不順がある

妊娠に必要なホルモンによって子宮内膜を育て、受精が成立したり受精卵を育てることができます。

そのホルモンは、主に卵巣と脳(下垂体)の働きで分泌されます。

タイミングが合ってない

一般的には、排卵日の前日の性交渉が妊娠しやすいと言われています。しかし、その日の体調や気持ちによって排卵は左右されます。1番はセックスの頻度が多いことがいいのですが、家庭や仕事の環境でそうもいかないこともあります。

お菓子をあげたら泣き止んだ赤ちゃん

この3つの状態を改善できれば妊娠しやすい身体になっていくでしょう。では、妊娠力を上げるポイント見ていきましょう。

妊娠力を上げるポイント

妊娠しにくい状態をまとめると

  • 便秘がある
  • 生理痛がある
  • 冷えがある
  • 偏頭痛がある
  • 生理不順がある
  • タイミングがあっていない

これらを改善していくことが、妊娠力を上げるポイントになります。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

子宮の状態を改善する

  1. 消化に関わる内臓を元気にする
  2. それによって、便秘を改善してお腹を柔らかくする
  3. 生理がしっかり行えて子宮内がキレイになる

ホルモンバランスを整える

  1. 便秘を改善して卵巣への血流を改善する
  2. 全身の血流を良くして頭を軽くする
  3. それによって、ストレスを処理できるような体にする

タイミングを合わせる

排卵検査薬を使用して排卵日を確認する

・薬局で7~10日分購入し、生理から10日目からをチェックする

妊娠しやすい日のタイミングを合わせる

という非常にシンプルなことで妊娠率は十分に上がります。

どうやって整体で不妊症を改善させるの?

整体というと関節をバキッとさせたり骨盤や背骨を真っ直ぐにするイメージがあると思いますが、内臓にも直接アプローチできます。内臓も筋肉のように疲労すると硬くなったり、関節が歪むように内臓にも歪みがでます。

内臓も正しい位置があり、これがズレると機能が低下します。胃下垂でいうと胃が下に落ちて消化が弱くなります。胃と同じように全ての内臓にも同じことが起きます。

内臓が機能低下を起こすことで、病気ではないけど色々な状態を引き起こします。不妊症もその中の1つと考えられます。内臓の整体をすれば「あなた」の不妊症も改善するかもしれませんね。

 

1番知っていてほしいこと

不妊症を改善させることはとても重要なのですが、妊娠することが目的ではなく『元気な赤ちゃんを産むことです!!』不妊症の方は健康面の問題を抱えていることが多く、その健康面を改善せずに妊娠することはお子様に健康面でのリスクがあると考えられます。

今は妊娠することで頭が一杯になっているかもしれませんが、お子様が健康である未来を考えられるといいかもしれませんね。

伸びをする女性

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


本気で痛みを改善するための3つのステップ!

病院でリハビリをしているけど、なかなか楽にならない。近くの整骨院に通っているけど改善しない。

それはなぜか?
本当に改善するために必要な3つのステップを知らせてないからです。
もしあなたが、本気で今の痛みから解放されてたいとおもうなら、本物の治療家がすすめる3つのステップをおこなってください。

3つのステップを知る