足先の親指と人差し指がしびれる原因は?


著者:
 川上 健史郎
所持資格:

中学時代にヘルニアを克服し競技復帰したことをきっかけに治療家を志す。柔道整復師・コアコンディショニングトレーナー・自律神経整体・介護予防訓練士の資格を取得し、某Jリーグのユースや整形外科での治療、学生競技のトレーナー、高齢者に向けた体操教室の講師活動をしながら日々治療にあたり、今に至る。

足足

最近足先の親指と人差し指だけがしびれる。湿布を貼ったり、安静にしてたらそのうち治るだろうと思っていたけどなかなか治らない。しびれがあると気持ち悪いし何か病気か?とちょっと不安になりますよね。でもどうしたらいいかわからないし、そもそも原因がわからないかと思います。 この記事では、「足先の親指と人差し指がしびれる病名」と「自分での対処方法」この2つについて紹介します。実は足先だけのしびれは、早く対処すれば自分で改善できることもあります。その不安な症状の改善に向けて、参考にしてみてください。

しびれの種類について

しびれには大きくわけて2種類ある

実はしびれには大きくわけて2つあります。

・末梢神経によるしびれ… 末梢神経は足先から指先、頭のてっぺんまで全体に流れています。その末梢神経が圧迫されたり、傷つけられたり、血流障害があるとその神経の支配する範囲がしびれます。 特に多いのが手首や太もも周囲、足首周辺です。代表例が手根管症候群や胸郭出口症候群、伏在神経麻痺といったものになります。女性に多い手根管症候群は聞いたことあるのではないでしょうか?手首を通る末梢神経が手首の骨や靭帯、筋肉の間を通るところで圧迫を受けて、指先がしびれる症状ですね。

・脊髄神経によるしびれ… 脊髄神経は首から仙骨まで一つ一つの背骨の関節から出ている神経のことをいいます。背骨が脊髄を保護しているわけですが、その部分で障害が起こる疾患の代表例がヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニアという疾患はとても有名なのであなたの周囲にも経験された方はいるのではないでしょうか?

IMG_1788

ヘルニアにより神経が圧迫されるとその部位によりしびれる領域が変わりますが、上記の図のように下半身の広範囲にしびれがでやすいです。 今回紹介する足先だけのしびれはこの2つのうち、末梢神経のしびれの可能性が高いです。次にそのことについて紹介します。

足先だけがしびれる原因は末梢神経の圧迫が考えられる

足先だけがしびれる場合、最も考えられるのが末梢神経によるしびれです。

足先だけがしびれるのは末梢神経に何らかの障害が加わっていることが考えられます。たとえば脊髄神経によるものだと足からふくらはぎ、太もも全体からお尻など広範囲にしびれがでることが多いのですが、今回のように足先だけなどの一部のしびれはしびれている範囲より、身体の中央に近い部分で末梢神経の圧迫されてる可能性が高いです。
次にその神経について解説していきます。

 

親指と人差し指付近のしびれは多い

施術をしていて、患者さんの「足先がしびれるんです…」という訴えは良くあります。その中で詳しく話しを聞いていくと、「足の親指と人差し指の付近だけ」ということがもっとも多いんですね。ほとんどは片足のみですが、まれに両足に症状を訴える方もいます。

IMG_1355

上記の写真にマジックで囲った場所付近にしびれを感じます。この足先のしびれがあるとほぼ症状名と原因ははっきりしてきます。

前足根管症候群(深腓骨神経マヒ)

IMG_1362

この症状の場合、前足根管症候群(ぜんそっこんかんしょうこうぐん)、別名深腓骨神経マヒ(しんひこつしんけいまひ)という病名を疑います。写真にあるように、「伸筋支帯」というものの下側を深腓骨神経が通っていますがここを圧迫されると足先がしびれるんですね。

手先がしびれる手根管症候群は聞いたことがあるかも知れませんが、前足根管症候群という病名は初めて聞くよという人の方が多いのではないでしょうか?

要は末梢神経の圧迫が原因

小難しいなと感じるでしょうが、要は手足に伸びている末梢神経が手根管症候群なら手首で、前足根管症候群なら足首の前側で何らかの原因で圧迫されてしまう。つまり圧迫されたその先端部分がしびれる症状がでます。

ここを叩くとしびれをより感じる(医学的検査)

IMG_1360

前足根管症候群の場合どうやって検査をして判断するかというと、まずはしびれる場所の特定ですね。記事の冒頭に記述した足先の部分にしびれがあるかどうかです。そしてもう一つが、写真に記した×の部分を「トントン」と指先で叩きます。この際に足先の部分のしびれをより感じると前足根管症候群と判断します。理由は末梢神経(深腓骨神経)の圧迫される部分が×になるので、そこを叩くと神経が反応して症状を強くするからですね。

原因は?なんでこうなってしまったの?

ほとんどの原因は靴

「え?靴??」と思われるかと思いますが、ほとんどの患者さんの原因は靴にあります。靴紐の締めすぎだったり、サイズのあわない靴、甲高でタイトな革靴を履かれていたり、サンダルのバンドを締めすぎていたり…こういう方になります。スポーツをしている方で週末ランニングや草野球、サッカーをしてスパイクを締めすぎたり、会社員の方で足に合っていない革靴で一日過ごしていたりという生活習慣によって足の神経圧迫が起こります。

まれな原因としてはガングリオン

まれにガングリオンといって脂肪の塊が足の甲ににできていることもありますが、その場合はプクッと腫れていたり触るとぶよぶよしているのでわかると思いますが、ガングリオンは注射器で抜いたりする処置が必要になるのですぐに病院で処置してもらいましょう。

対策は自分でもできる

th_th_2015821mn-335

これで治るパターンも

ここまでお読み頂ければもうお分かりだと思いますが、結論「靴の対策」これになります。

現状の靴を確認して、紐靴をきゅっと締め付けていないか?サイズはどうか?甲の部分が窮屈ではないか?など見てみましょう。日常的に履くものを買い換える、もしくは調整することによって、自然と足の神経の圧迫がとれるので症状が少しずつ改善していくことでしょう。早速試してみてください。

それでも改善しない場合はすぐ病院へ

靴を調整したり、買い換えたりしても症状がなかなか引かない場合は、一度病院で相談してみると良いでしょう。そもそもの診断が違うこともありますし、対処方法が間違っていることもあります。自分で対処して治れば時間もお金もそれほどかかりませんからベストですが、やはり症状が変わらない場合は専門家にみてもらうと安心ですね。

おわりに

「足先の親指と人差し指がしびれる病名」と「自分での対処方法」について紹介してきましたがいかがでしたか?末梢神経のしびれは生活習慣が原因になることが多々あります。特に足の症状の場合は靴やスポーツでのサポーター、テーピングによる圧迫などが多いんですね。一度見直して、注意していただければと思います。

また、この記事を通してあなたの不安、疑問解消になれば嬉しいです。

 

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


本気で痛みを改善するための3つのステップ!

病院でリハビリをしているけど、なかなか楽にならない。近くの整骨院に通っているけど改善しない。

それはなぜか?
本当に改善するために必要な3つのステップを知らせてないからです。
もしあなたが、本気で今の痛みから解放されてたいとおもうなら、本物の治療家がすすめる3つのステップをおこなってください。

3つのステップを知る