反ると腰が痛い方、必見!年齢別で変わる腰痛の原因とは?


著者:
他の院長や理学療法士に指導し医師・看護師から頼られる治療家 平井 大樹
所持資格:
柔道整復師

海外のスポーツトレーナー資格取得後、元巨人のトレーナーからテーピングやストレッチを学ぶ。さらにはトリノオリンピックチームドクターから手技を取得し、のべ80000人以上の施術経験で箕面でみゅう整骨院を開業。ACミランジュニア、梅花大学チアリーディング、春校バレーにトレーナーとして帯同するスポーツの怪我などのエキスパート

th_th_2015821mn-69

知らないと怖い!反ると痛い腰痛の原因は年齢で違います。反ると痛い腰痛を放置しておくとどうなるのか?年齢別にどのように腰痛のステージが変わるのか?

今回のブログでは、毎回反ると痛くなる腰でお悩みの方に知っておいてほしいことをまとめました。

「何で毎回、反ると痛いの?」「このまま放置しておくとどうなるの?」「以前は、1週間くらいしたら治っていたのに、最近は腰痛が長引く」そんなお悩みの方に10年、20年先のために知っておきましょう。

まず、腰はどれくらい反れるのが正常か知っていますか?

写真 2015-09-19 9 51 2811

腰は立って30度反れるのが正常です。一般の方は、バレエやフィギアスケート選手のように30度以上反れる必要はありません。

この30度の範囲で腰に痛みや足に痺れが出なければ大丈夫です。 反対に30度以上反れない、もしくは腰をかばって足をつかって反る方は注意が必要です。

年齢別で変わる反ると痛い腰痛の原因

腰痛と言っても年齢により原因は様々あります。ここでは、反った時に痛い腰痛の原因を年齢別に説明していきます。

10代の反ると痛い腰痛の原因は?

子供は、成長過程で骨が完成していない時に過度な運動を繰り返し疲労が蓄積します。すると、腰の骨にヒビがいったり折れてしまう疲労骨折(ひろうこっせつ)を引き起こす可能性があります。

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)やすべり症と言ったりします。病院では、このような診断名がつきます。

特に10~14歳くらいの体操、バレエ、野球、サッカー、バドミントン、テニス、バレーボールなどでよく起こります。

これらのスポーツは腰を瞬間的に大きく反る動きが多く、腰の骨に過剰な負担がかかります。この症状の特徴が、腰を反らすと痛いという腰痛です。

なかには、姿勢が悪く筋肉の発達が悪い場合、運動をしていないのに普段の悪い姿勢で同じような症状になることもあります。

また、腰痛ではなく股関節や膝、足首、足の筋肉にケガをした覚えがないのに痛くなってきたときも、腰が原因になっていることがあります。

 20~40代の反ると痛い腰痛の原因は?

この年代になってくると、下記に当てはまる方は椎間板(ついかんばん)という背骨と背骨の間のクッションの老化が早く始まります。

  • デスクワークで毎日2時間以上、同じ姿勢で座っている
  • 車を毎日2時間以上、運転している
  • 過去に、分離症や腰の疲労骨折と診断を受けたことがある
  • 過去に、ギックリ腰になったことがある
  • 慢性的に腰が痛い

このようなことに一つでも当てはまる方は、年齢よりも早く椎間板の水分が減少して弾力性がなくなり硬くなります。

若い時と同じことをやっていると衝撃に耐えれなくなります。すると、急に椎間板(ついかんばん)がやぶれてしまいます。この時点で、椎間板症(ついかんばんしょう)と言われることがあります。

この腰痛は、腰を反ったり、回したり、曲げたりと色んな方向で痛みが発生します。この状態を放置しておくとやがて、椎間板(ついかんばん)の中にある髄核(ずいかく)という芯が飛び出てしまい神経を圧迫して椎間板ヘルニアという診断名がつきます。

この段階になると、前に屈むことでも症状が悪化することがあります。

最近の研究のデータでは

しかし、最近の研究では椎間板ヘルニアと腰痛やシビレは関係ないというデータがたくさんあります。

実際に8割の方が椎間板ヘルニアでも症状がない人、もしくは椎間板ヘルニアがあっても症状が改善することから画像での診断と実際の腰痛やしびれの原因は違うと言われてきています。

反ると痛い腰痛の原因(内臓編)

反ると痛い腰痛と言っても、骨や関節、椎間板の問題だけではありません。内臓の機能低下や位置異常によるものもあります。その代表が、腎臓の問題です。

腰の筋肉の前に腎臓があります。その腎臓が、妊娠や水分不足、不良な姿勢により後ろにいくことがあります。そうすると、腰の筋肉を中から圧迫する負荷が加わり腰が痛くなります。

特徴的なのは、寝起きの腰痛です。寝ている時、もしくは寝起きに腰が痛く歩いていると楽になる場合は、腎臓の問題が疑われます。

また、その他に小腸や胃、子宮などの問題で姿勢がねこ背になると腰が反れなくなり、反ったら腰が痛くなることがあります。

腰痛といっても筋肉や骨、関節だけでなく内臓も原因になることがあることを知っておいてください。

40~60代の反ると痛い腰痛の原因は?

40代以降になると多く見られるのが腰の骨が老化により変形していく変形性腰椎症と言うものです。年齢を重ねると、椎間板(ついかんばん)の水分が少なくなり弾力性がなくなります。

椎間板(ついかんばん)の弾力性がなくなるので、骨にかかる負担が増加します。そうすると、腰の骨のふちが変形してきて、骨と骨の隙間がせまくなり周りの神経が刺激されたり血行が悪くなります。

このような状態になると、骨は骨棘(こつきょく)という棘を作り出し、支えよううとするのですが、この骨棘(こつきょく)自体が周囲の神経を刺激して、痛みが生じてしまう場合があります。

症状としては、腰にこわばりや鈍痛を感じます。特徴としては、就寝時に寝返りをするとき、立ち上がるときなどに、痛みが強く出ます。動作の初めに強い痛みが走り、動き続けていることによって徐々に痛みが楽になるのが一般的な症状です。

X線検査(レントゲン)で、骨棘(こつきょく)が形成されていることが確認できると、変形性腰椎症と診断されます。

70代以降の反ると痛い腰痛の原因は?

70歳を過ぎると、これまでの腰痛歴の影響を大きく受けます。ヘルニアや分離症など、診断名がついたことがある方は、注意してください。

70歳以降で、反った時に痛い腰痛が繰り返し起こる方の2人に1人は脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)になります。脊柱管狭窄症とは、背骨にある神経が通るトンネルが変形して狭くなることです。

過去に腰椎ヘルニアや分離症と診断された人は、腰の骨の老化が早く進むので背骨が変形したり、靱帯などの組織が分厚くなり神経の通る脊柱管が狭くなって、神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が完成します。

70歳を過ぎると二人に一人は最終段階「脊柱管狭窄症」に進んでしまう

腰痛の最終段階は、「脊柱管狭窄症」と診断されるものです。生活の質が著しく低下してしまいます。

脊柱管狭窄症とは、背骨の腰の部分の脊柱管が狭くなり、脊柱管内にある神経や血管が圧迫されて血流が悪化したり、神経に浮腫や炎症が起こることを言います。

  • 「立っているだけで腰が痛くなり、家事もままならない」
  • 「お尻や足がしびれたり、重たくなり家から駅までの10分の距離が歩けない」
  • 「いつ尿漏れするかわからず、外出するのが不安」

などの症状が発生します。最も特徴的なのは、間欠性跛行という歩行障害です。

これは、しばらく歩くと腰から足に掛けて痛みやしびれ、重怠さが起こり、ふくらはぎ張り歩きずらくなります。歩いていたり、長時間立っていると前かがみになりたくなるなどの症状も多く見られます。

腰かけて少し休むと回復して再び歩けるようになりますが、ひどくなると数十メートル歩いただけで痛みやしびれが悪化し、1度座って休まないと再び歩けないということになります。

この状態がさらに、悪化すると足の感覚障害や足の筋力低下、運動麻痺(まひ)、膀胱や直腸の機能低下、感覚に関係する神経に障害が起こります。

反ると痛い人におススメのストレッチとは?

反ると痛い人は、太ももの前にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉をストレッチすることが効果的です。やり方は、簡単。1日30秒から始めてください。
【方法】 足を伸ばして座ります。伸ばしたい側の足を曲げます。

写真 2015-09-19 9 47 5711

ゆっくりと後ろに体重をかけ足を伸ばしていきます。そして、そこから反対側に体を捻ります。

写真 2015-09-19 9 48 2411

そうすることで、しっかりと大腿四頭筋(だいたいしとうきん)がストレッチされます。毎日、両足ともに30秒間伸ばしましょう。

早期改善で年齢を重ねる前に体力の貯蓄を!

反ると痛い腰痛を放置しておくと、どんどんステージが上がり70歳を超えると2人に1人は最終段階の腰部脊柱管狭窄症になります。

その前に、後ろに30度痛みなく反れるようになりましょう。その状態を維持することが10年、20年先の健康の支えになります。反ると痛い方は、正常な範囲で反れているかセルフチェックを定期的にしてみましょう。

ちょっと反りにくいと感じたらストレッチや休息を取ることで、悪化を防止してください。そして、余裕があれば筋トレや全身の体操を行い体力の貯蓄をしてみてくださいね。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう


本気で痛みを改善するための3つのステップ!

病院でリハビリをしているけど、なかなか楽にならない。近くの整骨院に通っているけど改善しない。

それはなぜか?
本当に改善するために必要な3つのステップを知らせてないからです。
もしあなたが、本気で今の痛みから解放されてたいとおもうなら、本物の治療家がすすめる3つのステップをおこなってください。

3つのステップを知る