実は○○だった!?肩こりからくる頭痛、吐き気の4つの原因とその対処法


著者:
 松村 悠加
所持資格:

大好きな祖母が変形性膝関節症、先天性股関節脱臼が悪化し、一時は歩けないほどに。祖母のような症状で悩んでいる人を助けたい!と思い、鍼灸師を目指す。鍼灸師の国家資格取得後、整体、自律神経整体、くびれ鍼の資格を所得し、現在に至る。

頭痛

最近、頭痛や吐き気がひどい…風邪だと思って病院に行ったけど、なんともないって言われたし…もしかしてひどい病気かな?でも肩こりから頭痛や吐き気がくるとかも聞いたことあるかも…もう、このしんどさをとにかくなんとかしたい!!

そんなあなたにちょっと一手間で改善できる方法をお伝えします。

なんで肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気がするの?

肩こりとは、はっきりした原因がわかっていないものの、血液の流れが悪くなって筋肉が緊張し、肩のだるさ、重さ、痛さがでることを指します。

その肩こりの原因となる、血流の悪さが、

・首の状態の悪さ

・内臓の疲労

・自律神経の乱れ

・姿勢の悪さ

から引き起こされていると言われています。

これらの4つが、肩こりだけでなく、頭痛や吐き気、めまいなどを引き起こす原因にもなってきます。

まずはそれらについて詳しくお話ししていきますね。

肩こりの原因はどこからくるの?血流が悪くなる4つの原因

先ほどご説明した通り、肩こりの原因は血流の悪さからと言われていて、その原因として3つあることをお話ししていきました。

それを分類ごとに細かく説明していきますね。

①首の状態が悪く、肩への血流が悪くなるタイプ

このタイプでよくきかれるのが

・頸椎椎間板ヘルニア

・頚椎症

・頸椎椎間症

・ストレートネック

などです。

この場合は首の骨にゆがみや硬さなどの異常があり、首から肩へ伸びている血液や神経がうまく流れなくなり、肩こりの症状がでてきます。 また、悪化すると肩こりだけでなく、シビレや麻痺にもなることも考えられるので、放っておくと危険なタイプでもあります。

②内臓の疲労が原因で血流が悪くなるタイプ

このタイプは内臓の病気、または疲労によって、全身に血液がうまく流れなくなり、肩こりが起こるタイプです。

内臓の病気の場合、背中や腰に痛みが出たり、左右差がはっきりしている肩こりが起こる場合があります。

内臓が疲労している場合、病院で数値の異常や、病名などは言われないものの、マッサージしてもよくならない肩こりや肩こりだけでなく全身のだるさも一緒にでることがあります。

③自律神経の乱れが原因で血流が悪くなるタイプ

自律神経とは、簡単に言うと緊張とリラックスのバランスです。 それが緊張に傾いてしまうと血管が細くなり、筋肉が固まって肩こりや腰痛が起こるようになります。

それだけではなく、自律神経は全身の緊張とリラックスを支配しているので、肩こり、腰痛、頭痛だけでなく、汗が異常に出る、眠れない、などの症状も引き起こすこともあります。

④姿勢が悪くて血流が悪くなるタイプ

これは単純に姿勢が悪くて血流がわるくなり、肩こりが起こるタイプです。 ただ、姿勢にも単純に意識して治るものと、意識しても治らないタイプがあって、ひどいものは②の内臓がかかわっていたりします。

あとで日常生活で姿勢に関して気を付けてもらうことをお伝えしますが、それでも良くならない場合は②のタイプの可能性があります。 大まかにいうとこれだけの原因があります。 あとでタイプに合わせた対処法をおつたえしていきますね。

どうして頭痛、吐き気も一緒に起こるの?原因は同じところからかもしれません。

頭痛、吐き気にも原因が複数あります。

まず頭痛の原因は大きく分けて③つあります。

①緊張性頭痛

ひとつは緊張性頭痛と呼ばれるもので、いわゆる首、肩からくる頭痛です。

首肩からの血流がうまく頭にいかなくて頭痛が起きます。

②偏頭痛

二つ目は皆さんもきっと聞いたことがある、偏頭痛と呼ばれるものです。 一般的には、血管が一時的に広がって、ズキンズキンと痛みがでるものです。

③群発頭痛

群発頭痛とは、この中で最も危険度が高い頭痛で、脳の血管障害などがあるときにみられます。

痛みとしては、殴られる、えぐられるような激痛が目の奥などで起こるような痛みです。

吐き気の原因

吐き気は、

・平衡感覚(へいこうかんかく)の異常:体のバランスがまっすぐとれないこと 耳のおくのリンパ液の不足や過剰でおこることが多いです。

・内臓の病気、または疲労 などで起こります。 では、肩こり、頭痛、吐き気はどうやって対処すればいいのでしょうか? 原因として、同じところからきていることも多いので、タイプ別に分けてお伝えしていきます。

タイプ別、肩こりからくる頭痛、吐き気の対処法

①首からくるタイプ

先ほどもお伝えした通り、首の骨にゆがみや動きの悪さなどの異常があると肩こりや頭痛、吐き気が起こります。

血液やリンパ液などの体液が肩まわり、頭にうまくながれなくなるからです。

  • ・首や肩を動かすと気持ちいい、または痛い
  • ・頭の後ろ側が痛くなることが多い
  • ・腕にもだるさや痺れが出ることもある

そういった場合は、

・首をホットタオルなどで温める。

・腕のマッサージをする。(そうすることで、肩や首に血液、リンパが流れます)

・首を回さず、前後、左右に動かすストレッチをする。

などです。 本来なら、このタイプは整形外科や整骨院で見てもらうべきなので、まずは専門の先生に診てもらいましょう。

②内臓の疲労からくるタイプ

この場合は内臓の病気や疲労が原因で、血液やリンパの流れが悪くなり、肩こり、頭痛、吐き気などが起こります。 こういったことにあてはまる方は要注意です。

  • ・全身がだるい
  • ・食欲がないことがある
  • ・眠りの質がよくないと感じる

この場合、食べ物や生活習慣を整える事が近道になるので、毎日これを継続してください。

・暴飲暴食をしない(食事は腹八分まで)

・睡眠は6~8時間

・糖分は極力控える

分かっていても、できていないことが多いです。 自分は大丈夫!だとは思わず、是非見直してみてください。

③自律神経の乱れからくるタイプ

先ほどにも言いましたが、自律神経というのは、「リラックス」と「緊張」のバランスです。

自律神経失調症とは聞いたことがあると思いますが、これは「リラックス」と「緊張」のバランスが乱れて起こる病気です。

病気じゃなくても自律神経の乱れは多かれ少なかれ誰にでも起こりうることです。

自律神経が乱れるとこういったことが起こりやすくなってきます。

  • ・眠りの質が悪くなる、または眠れない
  • ・以前より、汗をかきやすくなった。または、急にほてるような感じがしたり、冷えを感じるなど、体温の調節ができていないと感じることがある。
  • ・やる気がでないことが多い

こういった場合はなるべく、趣味の時間を作り、ストレス解消をすること、お医者さんなどに頼ることを心がけてください。 一人で悩まれるのが一番心配なので、「あれ?そうかな?」と思われたら一度相談してみてくださいね。

④姿勢が悪くて血流が悪くなっているタイプ

これはよくありがちですね。姿勢の悪さから肩こりが慢性化(長く続く)して頭痛、吐き気などに結び付くことも少なくありません。

  • ・デスクワークをしていて、画面と向かい合わせの時間が多く、丸い姿勢になっていることが多い自覚がある。
  • ・電車などのいすでスマートフォンや本など、下を向いていることが多い。

などという方は④のタイプだと言えるでしょう。 ご自分で気を付けるのは

・デスクワークをするとき、画面と目線が平行になるよう、椅子の高さを変える。または、デスクトップの高さを下に雑誌などを敷く。

・肩甲骨と肩甲骨を中心に寄せるような運動を30分~1時間に1回する。

尚、このタイプは姿勢ー内臓反射といって、内臓の疲労から反射が起こって、姿勢が悪くなっていることもあります。 例えるなら、おなかが痛いときに背中が丸くなるような感じです。 上記のことを試されてみて、あまり効果を感じないようでしたら一度②のところの生活習慣の改善も試してみてくださいね。

補足~まずは肩こりから治しましょう!肩こりは治るんです~

ここからは補足になります。 肩こりって、治らないものだと思っていませんか? 実は肩こりって治るんですよ。 「肩こりとはずっと付き合っていくものだと思っていた」なんて声もよく聞かれますが、 一生肩こりでいることもできますが、治すこともできます。 もし治したいと思われるようでしたら、以下のことをチェックしてみてください。

  1. ・長時間の作業をするとき、休憩は取れているか?
  2. ・おなかいっぱい食べる、お酒を毎日飲むなんてことはしていないか?
  3. ・甘いもの、塩分は摂りすぎていないか?
  4. ・ベッドや布団でなく、ソファーや床で寝ていないか?

どうでしょうか?これらに気を付けていると症状は治まっていきやすくなります。 是非、気を付けてみてください。

症状が出てからじゃ遅い?まずは症状がでない身体へ

基本的には肩こりは、疲れたら出る事もありますが、寝たら治るのが健康な体です。

何日も疲れが残るようでしたら、回復能力が落ちているという証拠です。

これくらいなら我慢できる、なんて思わず、ぜひご自分の体に耳を傾けてみてくださいね。

「なるほど!」と思ったらあなたの周りの大切な人にもシェアしよう